琵琶湖のブラックバス

湖畔からブログ発信中!

私的 琵琶湖一周。

  最近 自宅近くの湖岸道路を走っていると サイクリストが増えてきたようで。

 

 一人で黙々と走っているのもいれば LEDの尾灯を光らせ隊列を組んで三、四人で走っているグループもいる。

 車を運転している方からすれば 追い越す時 少し危ない感じがするが。

 

 今はブームのようで 一日で回る琵琶湖一周…すなわち「ビワイチ」と呼ばれる特集本も本屋さんで見られる。

  まずはJR大津駅近辺や歴史的名橋の唐橋あたりに集合して それから反時計周りに出発する人が多いと思う。琵琶湖東岸はサイクリング用の道路も整備されて走りやすいと聞く。

 難所は湖北の木之本あたりか。小さいながら峠らしきものがあり ここを越えれば行程の半分を過ぎ 何とかなりそうである。

 

 あとはひたすら南下するのみ。その先には密かな楽しみが待っている。

 

 湖西の道路は国道161号線と言って やたら交通量が多い。西に比良・比叡山の山並みが迫っており 迂回できるサイクリングにふさわしい南北の道も少ないのだろう。 

途中の 雄琴にある観光施設の足湯などに浸かってのんびりし 少しの休憩だ。走る気力が湧いてきたところで 少し行った所に◯◯御殿という施設がある。休みの日になると 近郊から車が押し寄せ お姫様のお世話になるスペシャルな所なわけだが。元気なサイクリスト達はひとまず自転車から降りて 各自スマホで◯◯御殿のお姫様の画像検索をすると良い。それを見て 又々下半身から若い気力がムクムク湧いてくるだろう。

 それから ビワイチのゴール近くで待っているのが 「世界は一家 人類…皆兄弟」のスローガンでおなじみの競艇…琵琶湖ボートだ。最近は財団の運営によって健康やスポーツ振興を推し進めている。その理念遂行のためにとりあえず入場して楽しみ 財布を軽くして去って行くのが ビワイチ最後の美しい締め方ではないだろうか。

f:id:tksb3388:20190130175629j:plain