琵琶湖のブラックバス

湖畔からブログ発信中!

補聴器。

  自分も目が悪いから長い間 メガネを使ってるし これまで何本のメガネを買ってきたのだろう。

 もともと頭は悪いほうだが 目も耳も悪くなった。上から順番で最近は口も悪くなって悪いことだらけ。困ったものだ。

 

 自分はあまりにも耳が聞こえないので ジャスト 還暦の歳で補聴器を使い始めた。それもレンタルだが。

 

 思うと もうメガネは価格破壊が起こっている。だから何千円で一本 しゃれたやつが買えるわけだ。

 

 一方 補聴器という分野では もう 今の時代 考えられない価格設定の世界である。20万とか信じられない価格の設定で メーカーはふんぞり返っている。

 

 どうにかならないものなのか。この分野でも 価格破壊が起こんないかと 願ってる人はたくさんいるだろうし そんなメーカーに叫んで言う。

 

「 高すぎる! オマエら自身のその耳に高い補聴器をつけて一般消費者の切なる声を聞け!ヴァカもーん。」とね。