琵琶湖のブラックバス

湖畔からブログ発信中!

コンビニの辞め方〜私の場合。

  夏頃 意を決して 近くのコンビニで働き出した。偶然にも7月11日からである。

 外は暑く レジの中も含め 店内は空調が効いていて時間の経つのも 幾分か早い感じがする。

 ご存知セブンのナナコカードの現金チャージに数回間違えレジが合わないことで店長に注意されてたのは あったが自分にとっては最後まで行くような 大したことではなかったのだが  コレは効いた。もう アカン…終わりだ。と思ったのである。

 

 コレというのは お客様の注文が ぜんぜん聞き取れないのである。特に女性の甲高い声でタバコの銘柄を言われると 補聴器を使っても全く お手上げ。困った耳の遠いおじさんである。

 自分が吸わないタバコ…それも ありすぎるメンソールやライトやら多数の銘柄。おまけに自分の補聴器の適用外の何ヘルツか知らないが そんな高い周波数の女性の声で言われる。「何回もわたし 言ってんだけど…!?」とお客さん 呆れ顔。ご立腹。そんな人多数。

 

 はるか昔 「私 コレで会社を辞めました。」と小指を立てて…のCMがあったが 自分の場合は耳を指差して 「私 コレでコンビニ辞めました。」と紛れもなく言おう。