琵琶湖のブラックバス

湖畔からブログ発信中!

ズル

 自分はよくゴルフをするが この競技ほど 誘惑されるモノはない。何から誘惑されるかというと タイトルの通りズルからのそれである。

 

 打った球がOBラインのギリギリにある。白杭からあちらの白杭を見渡せばほんの少し1〜2センチ外れてる。少しでもかかっていればその球はセーフ。すなわち二打罰を受けなくて済む。

 幸いというかなんと言うか ほかの連中ははるかに反対側で 今まさに打とうとしてこちらに関心はなさそうな雰囲気。

 この時 心の中で悪魔のささやきが…「このまま打っちゃえ。何も言わずにな!」

 後で聞かれたら 「セーフでしたぁ」なんて 何事もなかったかのようにな!って振る舞え…。と

 

 正直 白状すると ゴルフやり始めの20代の未熟な頃にコレをやったことがある。

 

 だけど そのあと そんなことした自分を責めて メチャクチャな苦いラウンドになってしまったのを覚えている。あんな最低のラウンドはなかった。

 

 それ以来 絶対不正はしない!と誓い あるがままのボールを打つのを基本に 多々の誘惑に打ち勝っているのが自分の誇り。

 先日は渾身の力を入れて空振りしたが 素振りとは他人には絶対見えないから ガハハ〜と大笑いして 恥ずかしいからあえて何回も素振りして「空振り空振りー」と頭をかき ズルからの誘いをきっぱり断った。

 

 誰も見てないって言っても  神様が見てるよ…って自戒のゴルフ編。